【暑さ対策】猛暑で廃人状態だったのが「別人のように元気」になった方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Mr.Bです、

暑いですね・・。

本当に暑いです。

こんな時はクーラーが効いたお店に入って長時間過ごすのもいいかもしれません。とは言っても仕事や学業がある場合、暑さを我慢して頑張らなければならないこともあります。

私もこの暑い中、ずっとパソコンに向かって文章を書いていました。

私の部屋にはエアコンがありません。

室内の温度を計ってみてもよかったもしかもしれませんが、それがもし高かったらその数字のイメージに負けてしまって体調が悪くなるかもしれないと思い、計っていませんでした。

私は今現在、岩手に住んでいるのですが、家の涼しい所で34℃ありました。

私が仕事をしている部屋は、いつもその部屋よりも暑いです。

ですから予想ですが37℃以上はあったのではないかと思っています。

最近「猛暑&酒」で体調が悪かった

ですが最近本当に暑くて暑くて・・。

「暑い時はビールや酒だっ」

という感じで、暑さを言い訳に毎晩お酒を飲んでいたら、どんどん体調が悪くなってきました。

水分が体に溜まったのかどんどん体重が増えてきました。思考もネガティブになってこのままではヤバイ・・、という状態になりました。

私は温泉が好きで、車で30分ほど行ったところにある温泉によく行きます。

今日はそこで4時間くらい温泉に入ってきました。

温泉の中では“あること”をしていたのですが、それを何度も行っていたところ、もの凄く調子がよくなりました。

それまで廃人状態だったのが、見違えるほど元気になりました。

温泉で“あること”をしたら体調が見違えるほえど元気になった

最近の体調はものすごく悪くて、仕事していても頭が回らなかったのですが今ではすっきりしています。

体重増加と酒による睡眠不足や自律神経の乱れなどから、少し鬱っぽくななっていました。

猛暑のせいで、体はだるく、思考もまばら、なんとかひねり出すようにまともな行動をしているような状態でした。

それがほぼ全快しました。

時間さえあればとても簡単な方法なので、猛暑対策にオススメです。

※持病のある場合は医師に相談してからこの方法を行ってください。そうでない場合も自己責任でお願いします。当方は一切の責任を負いません。

サウナと水風呂に交互に入ったら別人のように「元気いっぱい」になった!

方法はとても簡単で「サウナと水風呂を交互に入る」というものです。

  1. サウナに入る
  2. 水風呂に入る

これを繰り返します。

温泉や銭湯好きの人ならお馴染みの、1セットだと思います。

もしあなたの近くに銭湯や温泉があるのなら、そこに行ってみて「サウナ→水風呂」セットを試してみてください。

具体的には5セットぐらいやるのが良いと思っています。

というのは、1回サウナに入って水風呂に入っただけでは、十分な効果を感じられないからです。少なくとも私の経験上は。

サウナに入って汗をかいて水風呂に入る。水風呂でじんわりと体が冷えてきて静かなリラックスを感じてくる。水風呂に満足してきたら水風呂を出てまたサウナに入る。

これを何度か繰り返しているうちに、頭がすっきりしてきます。

何度も「サウナ→水風呂」を繰り返すと、少しずつ頭がスッキリしてくる

今日は温泉に着いた頃には暑さで頭がぼーっとしていました。

外が暑いので浴室もかなりの暑さでした。「これ温泉に入る意味ないんじゃないの?」と思うくらい浴室が暑かったです。

それでも「サウナ→水風呂」を繰り返すと体調が良くなることを知っていましたから、暑くてぼーっとしながらも、なんとかサウナに入ってみました。

最初は体調が悪かったせいか体も少しきつかったので、早めにサウナを出て水風呂に入りました。そうするとサウナで温まったのもありますが、この猛暑で体が慢性的に温かい状態だったのがじんわりと冷えてきました。それと同時に少しずつ頭と体がスッキリしてくるのを感じました。

そしてまたサウナに入りました。

すると最初よりも少し長く入ることができました。汗の量も最初に比べて多かったように思います。最初にサウナに入った時は 余裕がなかったのですが、2回目に入った時は少し余裕がありました。テレビでニュースが流れていたのですが、少しそのニュースの内容に興味を持てるぐらい余裕がありました。

水風呂に入っていると、瞑想した時に見る「丹光」が見える

そしてまたサウナを出て水風呂に入りました。

2回目の水風呂も気持ちよかったです。水風呂の気持ち良さは昔からすごく感じていたのですが、やはり水風呂は気持ちいいです。

瞑想をして、その瞑想の状態が深くなってくると、閉じたまぶたの裏に青い光が見えることがあります。これは丹光やアストラル光と言われるものです。水風呂に入ってリラックスが深まってくるとこの丹光が見えます。それもかなり綺麗な青い丹光です。

この丹光が見えた時はとても気持ちがいいです。見えたから気持ちが良いのではなく、丹光が見えるような状態の時、自分の気分を観察してみると「とても気分が良い」ことがほとんどです。ですから私は水風呂が好きでした。

何度目に水風呂に入った時かは忘れましたが、今回もこの綺麗な青い丹光が見えました。

この丹光が見える時はとても心がリラックスしています。これは同時におそらく体もすごくリラックスしています。ですからこのことからも「水風呂に入って体調が良くなったんだな」と実感しました。

丹光の個人的な解釈

丹光はスピリチュアル方面でよく出てくる言葉です。別名をアストラル光とも言います。

これはこれで魅力的ではあるのですが、「よくわからない抽象的なモノを、よくわからないまま信じるのは危険」と考えています。

何かすごい魅力的で神秘的で、でもそのメカニズムは何か神がかったモノで、人間の力が遠く及ばない素晴らしいもの・・。その力をこの壺に込めたから、この壺を何がなんでも手に入れなさい。そうすれば幸せになれます。壺の値段は500万円です。

のようになってしまう危険性があると思っています。上記はその例えの1つですが、それ以外にも「よくわからない抽象的なモノを、よくわからないまま信じる」のは、様々な危険性をはらんでいると思っています。

なので丹光も「より現実的で科学的な解釈」を“しよう”と私個人は試みています。

次は私なりの丹光メカニズムの仮説です。

目をギューっと強くつぶり続けていると、次第にまぶたの裏に光が見えてきます。この時見える光は丹光とそっくりです。ただしこの時の光の背後には格子状のようなモザイク模様のようなモノが見えます。これは丹光の時には見えません。ですが、かなりそっくりです。

これは目を強くつぶったことで、目の奥の神経や血管が圧迫もしくは解放された結果、「神経や血管の働きで、脳の解釈上は光に見える」のだと、現時点では考えています。

こう考えると、丹光も全然不思議なものではなく、ちゃんとした物理的な、生理的な、現象だと捉えることができます。

そうすると間違って壺を買う危険性もなくなってくるわけです(笑)。

という丹光の個人的な解釈でした。

やればやるほど調子が良くなる。まるで別人のように。

こんな感じで何度も「サウナ→水風呂」を繰り返しました。

回数は数えていないのですが、5セット以上はしたと思います。10セットまではいっていません。おそらく5〜7セットの間くらいだと思います。

このくらい「サウナ→水風呂」を繰り返しました。

するとやればやるほど調子が良くなってきました。

最後にお風呂から上がる頃には、温泉に来た時の私とはまるで別人のように元気になっていました。自分で言うのもなんですが本当に別人のようです。

汗をかけない体質が治った

汗をかく量も最初は少なかったのですが、「サウナ→水風呂」セットを繰り返すにつれて、自然に汗をかく量が増えてきたように思います。

私は最近、運動不足であまり汗をかくようなことをしていませんでした。

「汗をかけない状態の体はあまり良くない」

という話を聞いたことがあるのですが、最近の私の体はまさにこの状態だったようです。昔はかなり大量に汗をかく方だったのですが、いつのまにかそれほど汗をかかない体質になっていました。

それが「サウナ→水風呂」セットを繰り返していたら、昔のように大量に汗をかける私に戻っていました。

ですからもしあなたが「あまり汗をかかない体質」だったとしたら、この「サウナ→水風呂」セットを繰り返すことで、運動せずとも汗をかける体質になれるかもしれません。

猛暑対策には自律神経を整える「温冷浴」がオススメ

今回私が行った方法は、「温冷浴」と言われるものです。

温冷浴は自律神経を整えるのに効果的だと言われています。

そう言われていますし、私自身が試した結果、自分の心身の状態を観察した上での結論も「自律神経を整えるのに効果的」です。

温冷浴とは暖かい状態と冷たい状態を交互に体に与える方法です。

ですから、もし近くに温泉や銭湯がなくても、自宅で温冷浴を実践することができます。

次からその2つの方法を紹介します。

自宅でシャワーのみで温冷浴する方法

もし自宅にシャワーしかないのであれば次のようにします。

  1. お湯シャワーを浴びる
  2. 水シャワーを浴びる
  3. これを繰り返す

という形です。

シャワーによる温冷浴は私はそれほど繰り返したことがないので、体験談をここに書くことはできないのですが、この場合もおそらく5 セット以上はした方がいいと思います。

回数にこだわるよりは、温冷浴を繰り返して自分の気分の変化や体調の変化を観察してみて、「良くなってきたな」というところまでは少なくとも行った方がいいと思います。なぜなら私たちは「体調を良くするために」温冷浴をしているわけですから。

自宅で「浴槽+シャワー」で温冷浴する方法

また自宅に浴槽もシャワーもある場合は次のようにします。

  1. 温かいお風呂に入る
  2. 水シャワーを浴びる
  3. これを繰り返す

という形です。

私は今日、温泉に11時頃に行って15時まで、常にではないですが「サウナ→水風呂」セットを繰り返していました。

その後、本屋さんに行って本を買って帰ってきて、犬の散歩と筋力トレーニングを行い、その後またお風呂に入りました。

この時、私はこのタイプの温冷浴を行いました。

今日は暑かったのでまず水シャワーを浴びて体を冷やして、その後温かいお風呂に入りました。これを5セットぐらいは繰り返しました。

すると、やはりとても気持ちがいいです。

とても体調が向上します。

。。。

ですから最近の猛暑の対策に、このような温冷浴は適していると思います。

もしよければ、自己責任の上で試してみてください。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

Mr.B

追伸)

実はこの方法でも猛暑対策ができます。

さらに90日でありえないレベルまで頭脳を開発できます。

たった90日で成績ビリから、いきなりトップに躍り出た方法
※すでに21人が手に入れています。

「スペシャルな情報」は無料メルマガで配信中

スペシャル無料メルマガではブログには載せない特別な情報も配信しています。下記フォームから登録してみてください。

主に脳科学の情報を配信していますが、それ以外にも肉体面や精神面の情報も配信します。

要は「生きたい人生を生きるためのあらゆる情報を配信する」というコンセプトで情報を配信しています。

なので、もしあなたが何らかの「生き辛さ」や「こうしたいのにできていない」という感情や気持ちがあったら、登録しておいてください。

メルマガテーマも募集していますので、気軽にテーマをリクエストしてみてくださいね。

メールアドレスを下のボックスに入力して「送信」を押すと、あなたのメールボックスにスペシャル情報が今後届くようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。